So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ブログを引っ越しました。 [香港]

大変ご無沙汰しております。1年程、更新の無い本ブログへお越しいただきまして、ありがとうございます。

本ブログはこちらに引っ越しとなりました。今後はぜひ、こちらへお越しください。よろしくお願いします。

http://osantos.hatenablog.com/

 


メキシコのセノーテでダイビング(エル・ピット) [旅行 セノーテ・コスメル]

今日は、メキシコのセノーテダイビングの2回目として、エル・ピット(El Pit) セノーテのダイビングを紹介します。

エルピットセノーテは、深さがあるセノーテで底まで潜ると約50メートル位になるそうですが、奥行きそれほど広くありません。入口はこんな感じで、右にある階段からセノーテに入ります。

El pit5.jpg

このセノーテの見所は、深度25メートル位の所に硫化水素がたまっている事から、上から見ると、ダイバーがまるで雲海の中に沈んでゆく様な感じに見える所です。硫化水素の層と普通の水との間を沈んだりするのも楽しそうです。

El pit4.jpgEl pit1.jpg

確かに有毒な硫化水素ですが、空気のタンクを背負い、レギュレーターで空気を供給されていますので、問題なく潜る事ができます。ご安心ください。

El pit3.jpg

管理人は、硫化水素は35メートル位で抜けると言う話でしたので、この硫化水素の層を抜けようと一気に潜りました。硫化水素の層を抜けた時、気付いたら深度44メートルとなっており、ダイビングコンピュータを見たら、3分停止のシグナルが・・・さすがに焦りました。どうしようもないので、ゆっくりと上がる事にしました。

El pit2.jpg

その後、10分くらいかけてゆっくり上がりましたが、せっかく綺麗に底に溜まっていた硫化水素の層をぐしゃぐしゃにしてしまいました。後から来たダイバーの皆さま、すいません・・・・。

話に聞く範囲で、ここ位深いセノーテは他には無い様です。18メートル以上の深度を潜る事になるので、PADIでいえば、AOW:Advanced Open Water 以上のCertificateが必要となります。セノーテのダイビングをされる場合、是非、AOWを事前に取っておく事をお勧めします。

次回は、鍾乳洞の中のダイビング、ドスオホス(Dos Ojos)セノーテのダイビングを紹介します。


昨夜の渋谷は暴動発生か・・・と言う位にカオス状態になっていました。 [時事・ニュース]

セノーテダイビングの記事の続編が遅くなっています。時間ができたら少しずつ掲載します。

さて、昨夜10月31日(土)はハロウィン。日本では定着しないのではないかと・・・とされたハロウィンですが、昨年の渋谷での大騒動はすごかったですね。管理人も今年はどこまで過激化してしまうのか・・・と興味があり、ふらっと渋谷に寄りました。

半蔵門線の電車に乗った時、既にミニコスプレ列車になっていましたが、渋谷駅で電車を降りると物凄い数のコスプレ軍団が電車に乗り込んできました。その人波に負けじと階段を上がると、しぶ地下の通路にはコスプレ軍団が座り込んでます。それを横目に、センター街に向かって階段を上がりました。

階段をあがると、各種とりどりのコスプレが居ます。SWATやミリタリー軍団、ミニスカポリス軍団、脱走囚人軍団、インドサリー美女軍団、セクシーナース軍団、バニーガールや、ほとんぼ水着のみのセクシー美女と野郎軍団、野獣軍団、果てにはSuicaやセブンイレブンの被り物が、そぞろ歩いています。バニーガールの耳だけでは目立たない様な状況になってました。

 

この日の渋谷は本当に人が多く、道行く人もクオリティーの高い(?)コスプレを見ると、一緒に写真を撮りたがるために、人が全然前に進まず、何度か背中にぶつかられました。

この日はまた、機動隊の護送車バスが4台くらい駅前に止まっており、一説には数百人の警官が動員されたとか。ただ、警察やミニスカポリスのコスプレも多いので、どれが本物なのか一瞬判りませんでした。

機動隊の護送車バスの前で、脱走囚人コスプレの人が手錠をかけられて写真を撮っているのを見た時、「本当は逮捕されたんじゃないか・・・」という状況が個人的に一番面白かったです。

さて、この渋谷のコスプレ大騒動ですが、来年は多少は収まる気がします。というのも、「俺たちは今日は何しに来たんだろう・・・」と床や道路に座り込んでいた人が少なからず居たのと、コスプレが過激化しすぎてマウンティング合戦になり、これ以上の追求は相当難しい位のクオリティーになっているからです。

ところで、あれだけ人がいれば、今日は相当のコスプレ、ゴミが出ていると推定されます。そんな中、一部の参加者が仮装のままで掃除をしていたとの事。怪物が掃除しているのがAFPで報道されました。


メキシコのセノーテでのスキューバダイビング(チャックモール) [旅行 セノーテ・コスメル]

皆様はセノーテというのをご存知でしょうか。セノーテとは、メキシコ東南に位置するユカタン半島の石灰地層が作る自然の井戸や泉です。数年前に日本のテレビ局で報道されてから一気に有名になりました。

管理人は約12年ぶりにメキシコを旅行し、セノーテの中でのスキューバダイビングを楽しみました。テレビで放映されたのはグランセノーテと呼ばれる所でした。この地域にはグランセノーテ以外にも色々なセノーテがありダイビングをする事ができます。これらのダイビングについて4回位で紹介します。第一回目はチャックモールというセノーテのダイビングです。

セノーテのダイビングは大きく分けて「光系」と「洞窟系」の二つに分かれる様です。チャックモールは両方あり、この日はまず、光系のククルカンに潜りました。

 Cenote.jpg

こちらは若干、深めを潜った後、入口の方を見上げると光の壁に包まれました。これは圧巻でした。一緒に潜ったダイバーを撮ると光に浮かび上がっていました。透明度が100メートルといわれるのも納得で、水の中で写真を撮っている感覚がありませんでした。

 Cenote1.jpg

この後で潜ったチャックモールは洞窟型のダイビングとなります。こちらは地底の大きな泉と鍾乳石が綺麗でした。地下であるため光が入らず、左手にライト、右手にデジタルカメラを持ってのダイビングとなります。左手でライトを当てながら右手で写真を何とか取りました。

Chacmall.JPG

このチャックモールは最寄りの街であるプラヤデルカルメンからも近く、ここからであれば、ダイビングが終わった後ものんびりできると思います。次回はピットセノーテについてをお知らせします。


No more bet! [時事・ニュース]

今日は思いがけなく雨が降ってしまいました。昼休みに職場から出かけて昼食に行ったのですが、結構な雨量でした。

さて、今週末からシルバーウィークで暦は月曜日から水曜日まで祝日で、5連休と言う方も多いのではないでしょうか。そんなワクワクする様な状況ながら、今夜はFOMCの会合が開かれ、政策金利の利上げが声明されるか・・・という状況になってます。

FRBは以前、昨年10月末の金融緩和終了後、半年以降に金利の正常化を行う姿勢を見せていました。しかし、ここまで方針を明確にせず、声明のニュアンスで株価や為替が反応する様な状況になっていました。今回はどうなるでしょうか。

管理人は「利上げする」と見ています。「失業率の数字が良く、利上げのタイミングを逸したのではないか? 」と声がありますが、ここは一度金利を上げて、実はあまり影響ない事を示すのではないでしょうか。

というのも、最近、「中国の株価」やら「ギリシャの債務支援交渉」等、この手のイベントを利用して相場を乱高下する動きが強すぎると思います。仮に利上げを先送りしてしまうと、イベントを利用する動きを益々力づける事になりかねないと管理人は考えます。

とはいえ、利上げを行い、本当に新興国通貨が暴落して、今日の昼の雨が「涙雨」だった・・・なんて事にならなければ良いのですが。

FOMCの声明は日本時間では9月18日午前3時です。そろそろ、"No more bet"!がコールされそうです。皆様はどの様にポジションを取りますか?


何となくTOEICを受けてみました。 [時事・ニュース]

昨日に引き続き、いい天気になりましたね。午前中は雨が降りそうな感じでしたが、午後から晴れました。

ところで、管理人も日常で英語を使う香港(英語圏???)から戻り、現状の自分の英語力を確かめてみたい気持ちになりました。と言う訳でTOEICを受験しました。

管理人にとってはTOEIC受験はほぼ10年ぶりで、正直、どんな対策をやればいいのか判りませんでした。とりあえず本屋で売っているTOEIC対策の雑誌(?)で過去問対策を行いました。昔と違い、セクション5と6と7が変わっている様な気がしました。セクション6での長文穴埋めの問題は英作文的な要素を感じました。更にセクション7が二つの英文から回答すると言う事で相当難しくなっていると感じました。

そんな中、知り合いからこの本が良いと言う話を聞き、早速買ってみました。「新TOEICテスト直前の技術」と言う本です。

 新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ

  • 作者: ロバート ヒルキ
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

私はそもそも、TOEICの内容自体が変わっているという事も知らずに受験しようとしたのですが、この本に書いてある事は、私にとって驚きでした。「得点が上がりそうなセクションから重点的に学習し、試験に回答する」といった、ある意味「情報処理」の部分でこける事が無いようにするという主旨の本です。「ある程度、英語が理解できるが、時間が足りなくて試験の時に苦労している…」と言う方にはお勧めだと思います。

さて、今日は、会場に早く着いてしまった事もあり、近くのドトールコーヒーに入りました。そこには、TOEICを受験するという人々がたくさんいて、一心不乱に参考書を読んでいるのがとても印象的でした。私はリスニングパートのセクション3.4について重点的にイヤフォンで聴いていました。

今日の試験で一番驚いたのは、試験会場の自分の席が一番前で試験官の目の前だった事でした。試験官の目の前でやりずらいなあ・・・と思いつつ、更にTOEICの試験形式にも悩みましたが、何とか回答がする事ができました。

正直、どれ位のスコアーが出ているか判りませんが、今回のテストを受験した感触から、「新TOEICテスト直前の技術」で出ている内容についてはあまり悩まなくても済み、回答時間を作ると言う意味では大きなプラスになると感じました。(といっても、最後はマークシートをB,B,Bと塗る羽目になりましたが...)

是非一度、お試しください。


大変ご無沙汰しています。ブログを再開します。 [香港]

大変ご無沙汰しています。ほぼ1年ぶりの書き込みになります。個人的には香港を離れ東京に戻りました。

この1年間、バタバタした事もあり、今日から少しずつ復活させてゆきます。 もし良かったら、お付き合いいただけると、有り難く思います。

ところで本日の話題は、東京オリンピックのエンブレムが作者の佐藤氏により、取り下げられたと言う事です。新国立競技場に続き、白紙になってしまいました。

 

ネット界の職人による、この様なプロモグッズが出てくる様な状況になってしまうと、何を言っても信用をしてもらえなさそうです。 http://hosyusokuhou.jp/archives/45186569.html

佐藤研二郎氏は多摩美の教授ですが、本当に9月から講義ができるのでしょうか・・・。


「働く人々への敬意と適正な対価の支払」 上海福喜食品の事件を知って [時事・ニュース]

ご無沙汰しています。最近は業務等が多忙になっており、ブログの更新頻度が落ちてしまい申し訳ありません。

さて、世界中で中国の食品工場での食品偽装問題が報道され、日本のマクドナルド・ファミリーマートまで飛び火してしまいました。この報道では、バーガーキング、スターバックスにもこの工場は製品を卸していたとの事。US企業の中国工場と言う事で、各社とも信頼していたのでしょう

 

管理人はこの問題は中国製云々という所で問題を片付けるのは良くないと思います。というのも、原材料である鳥肉は、普通の日本産よりも中国産の方が美味しいと思います。

というのも、中国大陸の報道を見た限り、 中国の農家はニワトリを放し飼いに近い形で育てていて、ニワトリは本当に健康そうです。(それだからこそ、鳥インフルエンザの問題が解決できない側面がありそうですが) 原材料自体は悪くないならば、今回の問題は食品加工の部分に絞った方が良さそうです。

管理人は、この問題は日本でも起こり得ると思います。根本的な原因は食品業界の「デフレ体質」にあると思います。

一般的に、食品工場は様々な認証が求められる事もあり、相当の衛生管理を行わなければなりません。そうなると会社は社員に対して、あれをするな、これをするなと細かい事を言い出します。しかし、食品加工で得られる利幅は一般的には小さく、結果的に従業員への給料も低く抑えられがちです。そうなるとどうなるか。

細かい管理ルールに従っても、それが当たり前とされ、従業員への待遇は他の企業よりも低いのであれば、その仕事のなり手がいなくなるか、他の業界で働けないレベルの人材が集まります。そうなると、社員はまじめに働く事に対するモチベーションが上がらず、会社は決められた作業の手順を社員に遵守させられなくなります。管理人は、この状態が上海福喜食品が起きたと考えます。

こうなると解決案は、「従業員がルールを守り、懸命に仕事に取り組む事が、サボって問題を起こして仕事を失うよりも利益になるというレベルまで給料や待遇を上げる」事となります。結果的に、加工食品の価格はその加工費用を適正に反映させたレベルまであがるのではないでしょうか。もしくは、人手をかけずに食品加工をするという「全自動化」への道でしょう。

これまでは、中国が低賃金をバックに労働集約的作業で、「デフレ」での世界への供給を請け負っていました。しかし、中国自体の経済発展もあり13億人も人口がいながら、工場労働者等は人手不足が発生しつつあります。更に、中国自体が最低賃金を大きく引き上げる政策に出ている事や一人っ子政策で生まれた子供が大きくなり、食品加工の様な重労働の職に中国人も就きたがらなくなっているのではないでしょうか。

この問題に対しては、「働く人々への敬意と適正な対価の支払」、最終的にはここにつながると思います。


FIFA ワールドカップも遂に決勝戦 [2014FIFAワールドカップ]

更新の頻度が遅くなり、申し訳ありません。仕事の状況が一気に悪化し、ワールドカップの試合もまともに見れない状況となりました。(泣)

さて、約1カ月に及んだFIFAワールドカップも7月13日の午後4時(日本時間:7月14日(月)の早朝)に始まる決勝戦で最後となりました。今回のワールドカップも話題が色々ありました。開幕戦での日本人主審のPKの判定から始まって、スペイン代表・イタリア代表のグループリーグでの敗退、日本代表の1勝もできないままの敗退、スアレスのかみつき、ブラジル代表の歴史的な大敗と色々ありました。開幕戦での日本人主審のPKの判定はそろそろ忘れ去られている様な気もしますが、あのジャッジが今回の大会の判定の基準になり、大きな影響があった気がします。

さて、今回の決勝戦の組み合わせはドイツ代表とアルゼンチン代表。下馬評ではドイツ代表が有利とされていますが、どうなるでしょうか。一般的に決勝戦は、両チームとも負けないサッカーをするためにサッカー自体はあまり面白くない傾向にあります。ただドイツ代表については以前に比べて明らかにチームのスタイルが変わりつつあり、普通にゲームができればドイツ代表有利ではないでしょうか。朝ですが、頑張って起きて試合を見たいと思います。

さてさて、管理人的に面白いと思ったのは、今回のFIFAワールドカップは、これまで報道される事が少なかったブラジルが、本当に多く報道されるようになり、日本の人々にとっても、ブラジルが身近になった事です。似た事例は2002年の日本・韓国のFIFAワールドカップ開催の時です。

あの時、日本を訪れた世界各国の報道関係者によって日本について本当に多く報道されたそうで、世界の人々にとって日本という国が身近になるきっかけになったと思います。全く余計な事ですが、管理人的にはこの娘は戦闘力が高いと思います。http://brazil.yahoo.co.jp/snap_detail/0713alqoow.php

ブラジルのビーチにいくと、こんな女の子が歓迎してくれます。(笑) 


サッカー日本代表はグループリーグで敗退。これからは強豪国の試合を楽しみましょう。 [2014FIFAワールドカップ]

サッカー日本代表、コロンビア代表に文字通り、木っ端微塵にやられましたね。今回のコロンビア代表は8名選手を入れ替えたというある意味2軍でした・・・。

 

 そんな相手に前半にPKを与えてしまって失点、前半何とか追いつきましたが、後半からハメス・ロドリゲスが入ったら、あっけなく後半10分で失点していまいました。この試合は、ここで勝負ありで、一番重要な後半の立ち上がりであっさり失点してしまう所が日本代表の弱さであったと思います。その後は、追いつこうと前かかりになったので、カウンターでの2点追加はやむを得なかったと思います。

さて、これまでの日本代表のあり方についてはセルジオ越後氏が全くもって正しい事を言ってます。http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140625/205572.html ただ言えるのは、この4年間、今日までに対策を立てる機会はいくらでもあったと思います。

例えば昨年のコンフェデ杯辺りから出ていた現象として、トップ下にボールをつないでも、その後の展開が遅れがちで相手に固められてパスの出しどころが消え、逆にボールを奪われてカウンターで失点というものです。あれはDF陣の問題と言うよりは、左サイドバック・ボランチまで上がるのに、左サイドの裏やトップ下とディフェンスラインのスペースをフォローできていなかった事が問題の要因だったはずででした。トップ下とDFラインとのスペースは山口選手がカバーする事である程度改善されましたが、左サイドの裏の部分は今回の大会でも大きく改善されず、これがコートジボアール戦の2失点につながり、敗退の大きな要因になったかもしれません。

昨年のコンフェデ杯とウルグアイ戦の敗北で、選手起用の固定化等により、ザケローニ監督更迭が騒がれていましたが、今大会での監督の混乱ぶりを見ると、あの時点で監督を代えた方が良かったかもしれません。結果論なのかもしれませんが・・・。

さてさて、FIFAワールドカップも決勝トーナメントへ進む16チームが選ばれつつあります。これまでに、スペイン代表・イタリア代表・イングランド代表の敗退が決まりました。今回は、北中米・南米ブロックの代表が順調のようです。

今回は、オランダ代表が絶好調。ロッペンがあそこまで体の切れが良いとは想像していませんでした。チリ代表戦との試合も、後半、少し前からプレスをかけ始めるのとロッペンが一人でシュートまで持ち込む所を目の当たりにして、チリ代表が明らかに動揺している様に感じました。あの試合はチリ代表が後半の初めににトップ下の選手を交代して、縦にボールが回らなくなり、日本代表状態になった事も大きい様に感じましたが・・・。はい、管理人の予想は大外れでした!

今後は一人のサッカーが好きな人として試合を楽しみたいと思います。今後も、注目のカードの前にはブログを更新したいと思いますので、是非是非、ご愛顧の程、宜しくお願いします。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。