So-net無料ブログ作成

FIFA U20 ワールドユース大会2013 [時事・ニュース]

随分久々のアップとなり、恐縮です。旅行やら業務で週末が多忙になっていました。

さてさて、本ブログの検索ワードを見てみると本当に色々なワードが出てきています。ちょっと前までは「iPhoneをDocomoで使う」が多かったのですが、最近はパッタリと無くなってきており、むしろ「華御結」、「CANON PowershotG15」、「ラーメンチャンピオン」と言った所が多いです。たまに香港東北の孤島であまり香港の人も行かない「塔門島:Green Fileds Island」や話の流れで冗談で書いた「パンチラ(?)」がヒットしたりと、香港在住の方にも楽しんで(?)いただいている印象があります。

ところで皆様はFIFA U20ワールドユース大会がトルコで行われているのはご存じだったでしょうか。1999年のナイジェリア大会ではU20日本代表が決勝戦に進出するも、スペイン代表に敗れ準優勝しています。その時のメンバーであった小野選手、稲本選手や中田浩二選手は2002年のワールドカップで活躍し、高原選手はワールドカップドイツ大会、ドイツのクラブで活躍、遠藤選手に至っては未だに日本代表を支えています。

その様な未来に活躍が期待される選手が出てくる大会ではありますが、今回は日本代表が出ておらず日本ではあまり注目されていませんでしたが、今回の大会はアジア勢(イラク、韓国、ウズベキスタン)がベスト8を占め、イラクに至っては準決勝まで進み、ウルグアイ代表のPK戦の結果、敗れ3位決定戦に回るも、ガーナ代表に敗れ4位となりました。優勝候補筆頭だったスペイン代表は65%のボール保持率を記録しながらも、延長戦にウルグアイ代表に決勝点を決められ、ベスト8で敗退しています。http://www.fifa.com/u20worldcup/highlights/video/video=2132893/index.html

決勝戦はフランス代表とPK戦続きで勝ち上がってきたウルグアイ代表でしたが、決勝戦は延長戦に突入も決着がつかずPK戦となり、フランス代表が優勝しました。

実は管理人はこの大会が始まる直前の6月28日に、ウルグアイ代表の優勝(17倍)を購入していました。スペイン代表・フランス代表の優勝が2倍台でしたが、選手育成方法の見直しの結果、ウルグアイ代表が復活の兆しがあるという記事をと見て、8番人気くらいでしたが買ってみました。残念ながら惜しくも準優勝も、ワールドカップ2回優勝の古豪復活は楽しみであります。ブラジル大会の南米予選では大きく離されて5位と苦戦をしていますが、仮にアジアとのプレーオフに回る事ができれば、アルゼンチン・ウルグアイのチームにありがちな、ここ一番の勝負強さを発揮する様な印象があります。

Wolrd Youth2013.JPG

今回のワールドユース大会で活躍した選手達が、どの様に2014年以降に出てくるのか楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。