So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー日本代表はグループリーグで敗退。これからは強豪国の試合を楽しみましょう。 [2014FIFAワールドカップ]

サッカー日本代表、コロンビア代表に文字通り、木っ端微塵にやられましたね。今回のコロンビア代表は8名選手を入れ替えたというある意味2軍でした・・・。

 

 そんな相手に前半にPKを与えてしまって失点、前半何とか追いつきましたが、後半からハメス・ロドリゲスが入ったら、あっけなく後半10分で失点していまいました。この試合は、ここで勝負ありで、一番重要な後半の立ち上がりであっさり失点してしまう所が日本代表の弱さであったと思います。その後は、追いつこうと前かかりになったので、カウンターでの2点追加はやむを得なかったと思います。

さて、これまでの日本代表のあり方についてはセルジオ越後氏が全くもって正しい事を言ってます。http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140625/205572.html ただ言えるのは、この4年間、今日までに対策を立てる機会はいくらでもあったと思います。

例えば昨年のコンフェデ杯辺りから出ていた現象として、トップ下にボールをつないでも、その後の展開が遅れがちで相手に固められてパスの出しどころが消え、逆にボールを奪われてカウンターで失点というものです。あれはDF陣の問題と言うよりは、左サイドバック・ボランチまで上がるのに、左サイドの裏やトップ下とディフェンスラインのスペースをフォローできていなかった事が問題の要因だったはずででした。トップ下とDFラインとのスペースは山口選手がカバーする事である程度改善されましたが、左サイドの裏の部分は今回の大会でも大きく改善されず、これがコートジボアール戦の2失点につながり、敗退の大きな要因になったかもしれません。

昨年のコンフェデ杯とウルグアイ戦の敗北で、選手起用の固定化等により、ザケローニ監督更迭が騒がれていましたが、今大会での監督の混乱ぶりを見ると、あの時点で監督を代えた方が良かったかもしれません。結果論なのかもしれませんが・・・。

さてさて、FIFAワールドカップも決勝トーナメントへ進む16チームが選ばれつつあります。これまでに、スペイン代表・イタリア代表・イングランド代表の敗退が決まりました。今回は、北中米・南米ブロックの代表が順調のようです。

今回は、オランダ代表が絶好調。ロッペンがあそこまで体の切れが良いとは想像していませんでした。チリ代表戦との試合も、後半、少し前からプレスをかけ始めるのとロッペンが一人でシュートまで持ち込む所を目の当たりにして、チリ代表が明らかに動揺している様に感じました。あの試合はチリ代表が後半の初めににトップ下の選手を交代して、縦にボールが回らなくなり、日本代表状態になった事も大きい様に感じましたが・・・。はい、管理人の予想は大外れでした!

今後は一人のサッカーが好きな人として試合を楽しみたいと思います。今後も、注目のカードの前にはブログを更新したいと思いますので、是非是非、ご愛顧の程、宜しくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。