So-net無料ブログ作成
検索選択

メキシコのセノーテでダイビング(エル・ピット) [旅行 セノーテ・コスメル]

今日は、メキシコのセノーテダイビングの2回目として、エル・ピット(El Pit) セノーテのダイビングを紹介します。

エルピットセノーテは、深さがあるセノーテで底まで潜ると約50メートル位になるそうですが、奥行きそれほど広くありません。入口はこんな感じで、右にある階段からセノーテに入ります。

El pit5.jpg

このセノーテの見所は、深度25メートル位の所に硫化水素がたまっている事から、上から見ると、ダイバーがまるで雲海の中に沈んでゆく様な感じに見える所です。硫化水素の層と普通の水との間を沈んだりするのも楽しそうです。

El pit4.jpgEl pit1.jpg

確かに有毒な硫化水素ですが、空気のタンクを背負い、レギュレーターで空気を供給されていますので、問題なく潜る事ができます。ご安心ください。

El pit3.jpg

管理人は、硫化水素は35メートル位で抜けると言う話でしたので、この硫化水素の層を抜けようと一気に潜りました。硫化水素の層を抜けた時、気付いたら深度44メートルとなっており、ダイビングコンピュータを見たら、3分停止のシグナルが・・・さすがに焦りました。どうしようもないので、ゆっくりと上がる事にしました。

El pit2.jpg

その後、10分くらいかけてゆっくり上がりましたが、せっかく綺麗に底に溜まっていた硫化水素の層をぐしゃぐしゃにしてしまいました。後から来たダイバーの皆さま、すいません・・・・。

話に聞く範囲で、ここ位深いセノーテは他には無い様です。18メートル以上の深度を潜る事になるので、PADIでいえば、AOW:Advanced Open Water 以上のCertificateが必要となります。セノーテのダイビングをされる場合、是非、AOWを事前に取っておく事をお勧めします。

次回は、鍾乳洞の中のダイビング、ドスオホス(Dos Ojos)セノーテのダイビングを紹介します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。