So-net無料ブログ作成

No more bet! [時事・ニュース]

今日は思いがけなく雨が降ってしまいました。昼休みに職場から出かけて昼食に行ったのですが、結構な雨量でした。

さて、今週末からシルバーウィークで暦は月曜日から水曜日まで祝日で、5連休と言う方も多いのではないでしょうか。そんなワクワクする様な状況ながら、今夜はFOMCの会合が開かれ、政策金利の利上げが声明されるか・・・という状況になってます。

FRBは以前、昨年10月末の金融緩和終了後、半年以降に金利の正常化を行う姿勢を見せていました。しかし、ここまで方針を明確にせず、声明のニュアンスで株価や為替が反応する様な状況になっていました。今回はどうなるでしょうか。

管理人は「利上げする」と見ています。「失業率の数字が良く、利上げのタイミングを逸したのではないか? 」と声がありますが、ここは一度金利を上げて、実はあまり影響ない事を示すのではないでしょうか。

というのも、最近、「中国の株価」やら「ギリシャの債務支援交渉」等、この手のイベントを利用して相場を乱高下する動きが強すぎると思います。仮に利上げを先送りしてしまうと、イベントを利用する動きを益々力づける事になりかねないと管理人は考えます。

とはいえ、利上げを行い、本当に新興国通貨が暴落して、今日の昼の雨が「涙雨」だった・・・なんて事にならなければ良いのですが。

FOMCの声明は日本時間では9月18日午前3時です。そろそろ、"No more bet"!がコールされそうです。皆様はどの様にポジションを取りますか?


何となくTOEICを受けてみました。 [時事・ニュース]

昨日に引き続き、いい天気になりましたね。午前中は雨が降りそうな感じでしたが、午後から晴れました。

ところで、管理人も日常で英語を使う香港(英語圏???)から戻り、現状の自分の英語力を確かめてみたい気持ちになりました。と言う訳でTOEICを受験しました。

管理人にとってはTOEIC受験はほぼ10年ぶりで、正直、どんな対策をやればいいのか判りませんでした。とりあえず本屋で売っているTOEIC対策の雑誌(?)で過去問対策を行いました。昔と違い、セクション5と6と7が変わっている様な気がしました。セクション6での長文穴埋めの問題は英作文的な要素を感じました。更にセクション7が二つの英文から回答すると言う事で相当難しくなっていると感じました。

そんな中、知り合いからこの本が良いと言う話を聞き、早速買ってみました。「新TOEICテスト直前の技術」と言う本です。

 新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ

  • 作者: ロバート ヒルキ
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

私はそもそも、TOEICの内容自体が変わっているという事も知らずに受験しようとしたのですが、この本に書いてある事は、私にとって驚きでした。「得点が上がりそうなセクションから重点的に学習し、試験に回答する」といった、ある意味「情報処理」の部分でこける事が無いようにするという主旨の本です。「ある程度、英語が理解できるが、時間が足りなくて試験の時に苦労している…」と言う方にはお勧めだと思います。

さて、今日は、会場に早く着いてしまった事もあり、近くのドトールコーヒーに入りました。そこには、TOEICを受験するという人々がたくさんいて、一心不乱に参考書を読んでいるのがとても印象的でした。私はリスニングパートのセクション3.4について重点的にイヤフォンで聴いていました。

今日の試験で一番驚いたのは、試験会場の自分の席が一番前で試験官の目の前だった事でした。試験官の目の前でやりずらいなあ・・・と思いつつ、更にTOEICの試験形式にも悩みましたが、何とか回答がする事ができました。

正直、どれ位のスコアーが出ているか判りませんが、今回のテストを受験した感触から、「新TOEICテスト直前の技術」で出ている内容についてはあまり悩まなくても済み、回答時間を作ると言う意味では大きなプラスになると感じました。(といっても、最後はマークシートをB,B,Bと塗る羽目になりましたが...)

是非一度、お試しください。


大変ご無沙汰しています。ブログを再開します。 [香港]

大変ご無沙汰しています。ほぼ1年ぶりの書き込みになります。個人的には香港を離れ東京に戻りました。

この1年間、バタバタした事もあり、今日から少しずつ復活させてゆきます。 もし良かったら、お付き合いいただけると、有り難く思います。

ところで本日の話題は、東京オリンピックのエンブレムが作者の佐藤氏により、取り下げられたと言う事です。新国立競技場に続き、白紙になってしまいました。

 

ネット界の職人による、この様なプロモグッズが出てくる様な状況になってしまうと、何を言っても信用をしてもらえなさそうです。 http://hosyusokuhou.jp/archives/45186569.html

佐藤研二郎氏は多摩美の教授ですが、本当に9月から講義ができるのでしょうか・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。